logo フランス料理総合サイト ミント
line
「食で人生を楽しむ幸せ」を提案する フランス料理&フランス菓子に特化した食の総合サイト
フェリスィムとは 美味しいレシピ
レッスン♪ 家で楽しむフレンチ レストラン&パティスリー コミュニティ ショッピング


前菜 メイン フランス地方料理 デザート
アントルメ 焼き菓子 基本のテクニック


牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

難易度★★★☆☆

ボルドー産の
赤ワインをたっぷり使って
じっくり煮込んだ牛ホホ肉は
いかがですか?



【材料】
牛ホホ肉
赤ワイン
フォン・ド・ヴォ-
小麦粉
ニンジン
タマネギ
ニンニク
セロリ
ブーケ・ガルニ
セルフィユ(香草)
ビーツ(缶詰め)

2個
500ml
400ml
15g
1本
1/2個
4~5欠片
1/4本
1個
お好みで
小1缶







      
※ 分からない用語は文字をクリックしてみてください。説明が出て来ます!!

1. ニンジン、タマネギ、セロリ、ニンニク を乱切りし、平鍋にサラダ油をひいて炒める。野菜がしんなりしたら、小麦粉を振って良く炒める。(小麦粉臭さを飛ばす為にしっかりと炒めましょう!)
2. 赤ワインとフォン・ド・ヴォー、ブーケガルニを入れて火にかける。(野菜がヒタヒタにかぶるよりも多めになるように。)ブレザージュの元の出来上がり。
3. 牛ホホ肉は油とスジを丁寧に取り除く。フライパンにサラダ油をしいて肉の両面 をしっかりと焼き固める。
4. 両面しっかりと焼き色が付いたら、コトコト煮込んでいる2のブレザージュに入れる。(アクが出たら丁寧に取る。)
5. 肉を入れて沸騰したら蓋をして、20分程火にかける。その後180℃~200℃のオーブンに1時間半以上入れる。
6. 鍋の肉を取り出し、残りの汁をシノワパッセする。(網で漉す)。漉した汁に缶 詰のビーツ(ミキサーでピューレにしておく)(ビーツを入れる事で、ソースがより赤くなり、見た目も綺麗でありつつ、ほんのりとした甘さが出てソースも美味しくなります。缶 詰めを使いましたが、生のビーツを使う時は、皮を剥いてスライスし、充分に柔らかくなるまで煮てください。かなり時間がかかりますので根気良く煮ましょう。その後、ミキサーでピューレにします。)を入れて、火にかけて煮詰める。アセゾネ(塩・コショウをする)し味を整えたらソースの出来上がり。
7. お皿にお肉を添えて、残ったニンジンを添えて(添えなくても良いです。もったいないので添えました。)周りにソースをかけて、飾りのセルフィユ(香草)を添えて出来上がり。


お料理上手になるにもテクニックが必要♪基本のテクニックもございます♪

基本のテクニック レシピ特集はこちら >>


このレシピを見た人は、人気の定番レシピも見ています。↓
ホワイトースの作り方 ニンジンのグラッセの
 作り方
フライドポテトの
 作り方
オニオングラタン
 スープの作り方
リゾットの作り方 カスタードクリーム
 の作り方























ショッピングサイト

グランクラブ申し込み


会員特典はこちら>>


境界線
copyright